私は服飾のことに関しては、ほとんど知らないことばかりです。

洋服を作ったのも学生時代が最後です。

そのため生地の名前や種類もよくわかりません。
先日、テレビを見ていたら、モスリンとオーガンジーという名前が出てきました。

モスリンは最近興味があって、その本を読んだばかりだったので、少し理解はしていました。

モスリンは長襦袢などにも使われている生地で、大正時代や昭和初期頃にもよく使われていました。


オーガンジーは名前はなんとなく知っていたものも、
よくわからないかったので、さっそく調べてみました。

オーガンジーは滑らかな肌触りで、空けているのが特徴のようです。
洋服の裏地に使われていることが多いようです。

ドレスを作るなら、やはりオーガンジーの方が優美に見えるかもしれませんね。

Comments are closed.